自力ではなく引っ越し業者に

「引っ越しなんて自分でやった方が良い」と思っている人が増えているようです。
確かに、引っ越しは自分で行おうと思えば出来るものです。
荷物を運ぶのですから、時間・労力さえかければ決して自らで行うのも不可能な話ではありません。

むしろ引っ越し業者に依頼するよりも安上がりに引っ越しを行う事が出来ます。
車を保持していなくとも、軽トラックのレンタカーでも行えば、その方が引っ越し業者を依頼するよりもよほど安上がり。
そのような思いから、自らで引っ越しをと考えている人が増えているようですが、万全を期すのであれば引っ越し業者に依頼すべきです。

引越し業者

ただし、業者を使うなら引越し業者の良し悪しを見極めるのは絶対条件で、少なくとも比較サイトでしっかりと見極めはしておいたほうが良いでしょう。

確かに自ら引っ越しを行った方が安上がりである事は事実です。
これは紛れも無い事実なのですが、一方で引っ越し業者には「ノウハウ」があります。
引っ越しはただ重い物を運べば良いものではありません。

箪笥や洗濯機、冷蔵庫等は物凄く重いですが、ただ力んで運べば良いというものではないのです。
移動するに当たり、実は細やかなテクニックがあるのです。
階段であれば上手く回転させたりですとか、重心を考えた上での移動など、引っ越し業者は細かい部分で見えないテクニックを発揮してくれているのです。

さらに、お金をもらってサービスを提供してくれている以上、責任感がありますので丁寧に作業してくれていますし、引っ越し保険を用意している業者も増えているおかげで、引っ越しの際に何かしらのトラブルが発生してしまったら、補償してくれる所もあるのです。

ですが自ら行った場合、仮に何らかのミスで新居や家具を傷つけてしまったとしても誰かが何かしてくれる事もありません。
全て自己責任なのですから、せっかくの新居がいきなり傷ついてしまったとしても、傷とともに生活を送らなければならなくなってしまうのです。

このような事も引っ越し業者に依頼すればそうそうないはずですので、その点まで考えると、やはり自分での引っ越しよりも引っ越し業者に依頼した方が「無難」です。

依頼するのは面倒だと思ったり、お金がかかると考える人も多いようですが、それらの代わりに「無難な引っ越し」を行ってくれると考えた時、料金は決して無駄なものではないですし、何より安全です。

自ら行う事で怪我をしてしまったり、体に大きな負担を強いられる事もありますが、引っ越し業者に依頼すればそのような事もありません。
「確実」な引っ越しをと考えているのであれば、自らで行うよりも業者に依頼すべきだという事が解るはずです。

インターネット代はいくらになる?

固定のインターネットを申し込むと、いったいいくらになるのか。
月々の通信費として予算内かどうか、導入を検討できるかどうかを判断するためにも、およその概算は押さえておく必要があるでしょう。

繰り返し例として挙げているNTTのフレッツ光ですが、この場合は申し込むに当たって、あれこれと悩む必要が実はほとんどありません。戸建なのか集合住宅なのかで、ほとんど料金は自動的に決まってしまうからです。

また、集合住宅用のプラン(マンションタイプといいます)が安いからと、戸建で利用する方がこちらの料金タイプを選択することはできず、同じフレッツ光であってもその地域に応じて、旧「Bフレッツ」や「フレッツ光プレミアム」、最新版の「フレッツ光ネクスト」など、利用できるフレッツ光タイプもあらかじめ決まっています。

参考:http://xn--eckucmukp9b0q0c0745cjczd.net/

フレッツ光ネクストでは、1Gbps(下りの理論値最大速度)という速さで利用することもできますが、この場合でも100Mbpsの場合でも、支払う料金に違いはありません。

どのフレッツタイプになるかは、今住んでいる地域と、NTTが設置する設備が古いのか新しいのかで決まってくるため、必然的にそれらの条件で利用できるサービスも決まってくるということになります。

具体的に料金のほうを見ていくと、NTT東日本で戸建での利用の場合、割引なしの基本料金は5200円になります。「にねん割」という2年単位での継続利用を約束して割引サービスに加入した場合には、これが4500円になります。

NTT西日本では、同じ戸建の場合の割引サービス未加入時が5400円、「どーんと割」という2年継続利用前提の割引サービスへ加入すると3610円という料金になります。

割引サービス未加入時は、西日本のほうが少しだけ割高ですが、未加入であるケースはほとんど考えられないので、ここはあまり比較する必要がないかも知れません。
2年利用の割引サービス有りの場合は、西日本のほうが割引率が大きいことがわかります。

福祉タクシーとの違い

最近は、福祉タクシーのことを、介護タクシーと読んでいる場合が多く、利用者が戸惑うことが増えて来ているようです。

まず介護タクシーとは、ヘルパーの資格を持ったドライバーが、介護や補助の必要な高齢者や身障者の方を、自宅のベットや車椅子からの乗降などさまざまな介助をするタクシーのことをいいます。ドライバーは普通ニ種免許及びホームヘルパーの資格を持っていることが必須条件となります。

福祉タクシーとは、ドライバーが身体障害者の方や、歩行困難な方を車椅子のまま乗れる福祉車両で外出や、移動時のサポートをするタクシーのことをいいます。

普通ニ種免許は必要ですが、介護タクシーと違い福祉タクシーのドライバーに介護資格は法令上は必要ありません。
しかし、近年タクシー業界では、ヘルパー2級以上もしくは、ケア輸送士の資格の取得を推奨しています。

その用途は様々で、利用者の通院、行楽、買い物、旅行、施設への送迎、移動先での付き添い介助サービスなど、利用者の希望する通りのサービスが受けられます。細かな気遣いなど必要なところもあってか、最近では女性のドライバーが増えて来ています。
女性ならではの、細やかな心使いが利用者に受け入れられているようです。

自治体によって対応は様々ですが、市町村が料金の一部を負担する等の制度があり、車椅子のままで乗り降りができるリフト付タクシーなどがあります。

そのほとんどは、タクシー会社が経営していることが多く、身障者手帳による割引も対応しているので、長距離の通院の場合(介助は基本的には含まれないので、利用者がある程度自分で動ける場合に限られますが)は、介護タクシーよりも、福祉タクシーの割引が大きくなって得する場合もあります。

 

本日のピックアップ

新宿区、豊島区、練馬区、中野区、杉並区、東洋企画の民間救急・介護保険介護タクシー・求人募集
→詳しく